酢へのこだわり
トップ >> こだわり
丸正酢醸造元は創業1879年(明治12年)。約130年の歴史を持ちます。その間、古式醸造をかたくなに伝承してきました。そのこだわりの一部を、ご紹介します。
古式醸造へのこだわり
酢造りの職人でもある三代目社長小坂晴次は、醸造蔵に入るとき、入り口近くに設置された神棚に手を合わせ、 ほら貝を吹き、拍子木を打ちます。酢は生き物であり、自然と語り合う心構えが必要です。そのための精神統一の儀式なのです。

創業当時のまま、窓明かりだけの木造の醸造蔵には、12の杉桶が並びます。 高さ2メートル厚さ5センチの熊野杉の古木で作られた桶には、相撲好きの祖父の代から歴代の大横綱の名前が付けられています。 酢を発酵させる温度に保つため「こも」をかぶせられたそのひとつひとつを、夜、小坂は懐中電灯のみで覗きながら、 酢の息吹を聞く確かめて行きます。そんな日々を90〜500日以上をかけ、丸正の酢は造られるのです。
古式醸造へのこだわり
水へのこだわり
旨い酢には良質の軟水と麹が大切。 酢造りに使う水は、那智の滝と同じ水源の熊野山系の伏流水。 丸正酢醸造元の敷地内にある井戸の水は、水温16度の口当たり柔らかなおいしい軟水です。 江戸時代から惜しみなく湧くその水を工場に引き込み、美味しい酢を造るため使っています。
水へのこだわり
素材へのこだわり
素材へのこだわり
酢造りに使う米は、自家田他で低農薬栽培されています。 寿司酢やぽんずなどの調味酢に配合される原料も、しいたけ、本場かつおだし、昆布、本醸造しょうゆ、本みりんなど。 果実酢は、地元産の橙や柚子を使用。もちろん防腐剤他薬品類は一切使用しておりません。

どれ一つとして手を抜かず、こだわりぬいた本物の素材ばかりです。
木桶に対するこだわり
木の桶は、醸造熟成に酢が5パーセントほど木の目を通して蒸発してしまいます。 経済効率を考えれば、ステンレスやホーロー・ポリタンクのほうがいいのです。 しかしそれらのタンクでは、納得のいく酢の香りが出ず採用されませんでした。

昭和40年ごろ。ドイツ製のアルコール他を24時間で一挙に醸造酢に変える機械が日本に入ってきました。 大手メーカーが機械を導入していくなかで、小坂は覚悟を決めたのです。 「コスト的には他社に太刀打ちできない。うちはうち。手造りに徹し、他の誰にもできない酢を造り続けていく」と。 その決断が、全国にファンを持つ現在につながっていくのです。
木桶に対するこだわり
酢作りの職人として